俺のことも見て欲しいbyねんどろ三日月

ねんどろ刀剣男士劇場
04 /16 2017
とある夜のとある本丸。
そこに彼は1人、ぽつんと佇んでいた。
P4165478.jpg
ねんみか『はぁ…』

(ねんどろ三日月(=ねんみか)はため息を吐いていた。
 だが、やがて画面越しの視線に気づく)
P4165486-2.jpg
ねんみか『おや?今日も主のぶろぐを見に来てくれたのか?ありがとう、主に代わり俺からも礼を言う』

(ねんみかは画面の向こうの皆様に丁寧に会釈した)

ねんみか『ん?この頭に乗っているのは何か、とな?よくぞ聞いてくれた。これは…だ。近頃主に構ってもらえず今に至る』
P4165490.jpg
ねんみか『…なんてな。いやいや冗談だ。これはいわゆる"演出"という奴だな。実際は違うぞ?はっはっは』

(というわけで、灰色の塊は"埃"だったようだ。もう必要ないな、とねんみかは"埃"の落書きを消した)

ねんみか『何故このような手の込んだことを、とな?ふむ。結論から言えば、加州に触発されたと言うべきか』
P4165491.jpg
ねんみか『加州は自分ばかりが主に放って置かれていると思っているようだが*、先刻も言った通り、俺も久しく主とは遊んでいない』

*「ねんどろ加州くんの独り言~俺は主に愛されたい~」参照

ねんみか『あぁ、いやいや、誤解をしないでくれ?』
P4165493.jpg
ねんみか『遊ぶ時間こそなかれ、手入の方はきちんとしてくれているぞ?まぁ、他の者らと一緒にだが』

(ははは、とねんみかは笑った。しかし、その笑みはどことなく元気がない)

ねんみか『此の本丸にも新しい仲間が増える一方でな。彼奴等のおかげで、俺と主ふたりきりで過ごす時間がますます減ってしまったのだ』
P4165494-2.jpg
ねんみか『俺のことも見てほしい。そこで、同情を誘おうと少しばかり目立ってやろうと、先刻は埃を演出してみたというわけだ。低くぉりてぃですまないが』

(それからしばらく沈黙するねんみか。
 一つ息を吸い、今度は明るい声で語り掛けてきた)

ねんみか『…よし。では次だ。俺の存在を強調するためにも、』
P4165496.jpg
ねんみか『今日はこれから「自撮り」というものに挑戦しようと思う。初めてだが、まあ何とかなるだろう。はっはっは』

(ねんみかはカメラをスタンバイした)

ねんみか『主のきゃめらをこっそりくすねてきた。うまくいくと良いが…(ごそごそ』
(パシャッ)
P4165499-2.jpg
ねんみか『んん??しまった、ぽーずを決める前にぼたんを押してしまった』

(気を取り直し、ねんみかは再挑戦する)

ねんみか『今度こそ…』
(パシャッ)
P4165500-2.jpg
ねんみか『んん??だめだ、ぼやけてしまった』

(それでもめげずに、ねんみかは3度目の挑戦をする)

ねんみか『これならどうだ?』
(パシャッ)
P4165503-2.jpg
ねんみか『また失敗か…。これでは椅子が主役だな』

(なかなか自撮りがうまくいかないねんみか)

ねんみか『むぅ…』
P4165504.jpg
ねんみか『自分で撮るというのはなかなか難しいものがあるなぁ…。いつもは主が撮ってくれるからなぁ…』

(ねんみかは俯き、そして寂しげに呟いた)

ねんみか『主がいればなぁ…』
P4165505.jpg
ねんみか『俺はここだ主…、何故構ってくれぬのだ…、主…(´_ _`)シュン』


(ねんみかは拳をぎゅっと握りしめた。

 
…するとそこへ!)



審神者)おーいヽ(*゚∀゚*)ノ三日月殿ー(*ノ´∀`)ノ


ねんみか『!!』
P4165506.jpg
審神者)三日月殿ーあそぼー((o(*´∀`*)o))

ねんみか『主か?待っていたぞ主…っ!』

(突如現れた審神者に、ねんみかは喜び勇んで飛びついた!)

ねんみか『そうかそうか、俺に会いに来てくれたのか♪嬉しいぞ主♪』
P4165507.jpg
ねんみか『俺もずっと主が恋しかったぞ。やはり主と俺は気持ちが通じ合っているのだなぁ♪』

(ねんみかは喜びのあまり、この機を逃すまいと、審神者にスリスリと頬を摺り寄せまくった!)

ねんみか『ん?いつもよりすきんしっぷとやらが激しい、とな?』
P4165509.jpg
ねんみか『いやいや、これは序の口。何せ久しく寂しい想いをしてきたのだ、この程度では俺は満足せぬぞ?はっはっは💛』

(…と、明るく振る舞ってはいるが、ねんみかの心の内は表現しきれぬほどに複雑だった)

ねんみか『…(俺はもう主と離れとうない。俺は主がいればそれで良いのだ)』
P4165511.jpg
ねんみか『…(主は違うのか?何故新しい刀が必要なのだ、俺だけでは足りぬのか。新しき者らと戯れる主の姿を陰から見て、俺が何を思ったか。俺ばかり…何故これ程までに苦しいのだ…)』

(ねんみかは思いの丈をぶつけるかのように審神者にぎゅっとしがみついていたが、やがて、いつもの柔らかな笑みを浮かべて言った)

ねんみか『やはり俺には主の傍が一番だ』
P4165512.jpg
ねんみか『この時間がずっと続けばよいのになぁ💛なぁ、主💛(ちぅ』

(ねんみかは幸せそうに審神者にちゅっと口付けた。
 しかしその胸の内で膨らむ負の感情は誰も知らない――)



(本日の撮影に使用)
関連記事
スポンサーサイト

りく

フィギュア/ドール/ガンプラをウェットに愛でる審神者。
レビュー中心ですが、オビツカスタムとかねんどろともよく遊んでま~っすヽ(*゚∀゚*)ノ
@rikufotoblg