ねんどろくりちゃんの秘めたる想い

ねんどろ刀剣男士劇場
03 /10 2017
今日、くりちゃんは一人で馬当番です。

くりちゃん『チッ』
P3105114.jpg
くりちゃん『なんで他の奴の馬の面倒を俺が…』

この馬はエリーゼ(=ファイアーエムブレムIF暗夜王国王女)の専属馬です。
自分の馬ではないものの、審神者の命ということで、仕方なくその馬の世話をすることになったくりちゃん。
まずは水をあげることにしました。

くりちゃん『………』
P3105115.jpg
(ジャーッ)

桶に水をためて、くりちゃんは馬に差しだしました。
P3105116.jpg
くりちゃん『そら、飲めよ』

エリーゼ専属馬『………』
P3105118.jpg
エリーゼ専属馬『…( ´д)プイッ』

くりちゃん『な…っ』

馬はそっぽを向いて、桶を尻尾で払う仕草を見せました。

エリーゼ専属馬『ヒヒン!!(訳注:オレは王国の天然水以外飲まねえんだよ)』

くりちゃん『…チッ。我儘な奴だな』

くりちゃんは水をあげるのを諦め、次に人参を差し出しました。
P3105121.jpg
くりちゃん『そら、喰えよ』

エリーゼ専属馬『…( ´д)プイッ』
P3105123.jpg
くりちゃん『おま…っ』

またしても馬はそっぽを向いてしまいました。

エリーゼ専属馬『ヒヒン!!(訳注:オレは王国の五つ星シェフの作った人参料理しか食わねえんだよ)』

くりちゃん『…いい加減にしろ』
P3105129.jpg
くりちゃん『ここは俺たちの本丸だ。王国なんかじゃない。文句があるなら…』

エリーゼ専属馬『………』
P3105124.jpg
馬はシュンとうなだれました。
その表情はどことなく寂し気です。

くりちゃん『おまえ、まさか…』
P3105126.jpg
くりちゃん『そうか…(なでなで』

馬は主人であるエリーゼが側にいないことに寂しさを感じているようです。
そんな馬の気持ちをくりちゃんは察したようで、馬の背を優しく撫でてやりました。

くりちゃん『…俺は、常に一人だ、一人で戦っている。寂しさなど、俺には無縁なものだと思っていた。だが…』
P3105127.jpg
くりちゃん『一人になると主のことを考える。あいつの傍にいたいと願ってしまう』

主人を恋しく思う馬の姿に自分を重ねたのでしょうか、くりちゃんも自分の主への想いを吐露せずにはいられなくなりました。

くりちゃん『これを寂しさというなら俺は、どうしたらいい…?』
P3105131.jpg
くりちゃん『お前と同じように、俺の主も一人しかいない。…代わりなど、いない』
P3105134.jpg
くりちゃん『…主は今どこで何をしているだろうな。他の連中と慣れ合っているのか、それとも…』

『俺のことを少しでも…』そう言いかけ、くりちゃんはわずかに苦笑した。

くりちゃん『…ふん。馬相手に弱音など吐いて何をやっているんだ、俺は』

その後は黙々と馬の世話をし続けるくりちゃん。
そんな彼に何か通じるものを感じたのか、馬の方もそれからは素直になり、水も人参も綺麗に平らげたという――。


(本日の出演者)

※馬は「ねんどろいどエリーゼ」付属。背景と芝生は百均Dの商品。
関連記事
スポンサーサイト

りく

フィギュア/ドール/ガンプラをウェットに愛でる審神者。
推しねんはねんみか・ねんかしゅ・ねんほた…、みんな可愛いんだ!!
@rikufotoblg