~ねんどろ加州の日記~「こんな俺でも…」

ねんどろ刀剣男士劇場
05 /26 2016
○月×日 はれ

今日、主が新しいねんどろいどのお仲間を連れてきた。
今度は誰かと思ったら・・・
P5251252.jpg
いち兄、だった――。

***

加州『よーこそ、いち兄』
P5251251.jpg
加州『何かわかんないことあったら俺に聞いてよ。まあほら、俺、この本丸長いからさ』
P5251254.jpg
一期『お心遣い痛み入ります。至らぬ点もあるかと思いますが、本日よりよろしくお願い申し上げる』
P5251256.jpg
加州『こっちこそよろしくー』

***

――そうして俺たちは握手を交わした。

新しいお仲間、しかも主のお気に入り。

でも俺余裕~。
だって俺、ここ長いし。
いくらいち兄でも、

主の初期刀である俺に、敵うわけないじゃん。




○月×日 はれ時々くもり

手合せ終了ー!
もうすぐ主が帰ってくる。
会うのが楽しみ。
帰ったら主に今日の成果を報告しないと。
他のみんなの分もね。
ほら俺、初期刀だし、この本丸も長いからさー、みんなのまとめ役?みたいな。
で、もちろんみんなもとっくに内番終わってると思ったんだけど――

***

加州『ちょっとじーさん、なに呑気にお茶なんか飲んでんのっ』
P5251257.jpg
加州『馬当番終わってないんだろ!?早く終わらせてよ!』
三日月『何を言う加州。もうすぐ主が帰ってくるというに、それこそ呑気に馬当番などしてられん。はっはっは』
加州『そんなこと言ってないで、ちゃんとやることやれよー!』

一期『三日月殿、差し出がましいようですが…』
P5251259.jpg
一期『当番をせずに主殿をお迎えするよりも、内番に励む姿を主殿にお見せした方が、主殿もお喜びになるのではありませんか』
三日月『ふむ…それも一理あるな。そうだな、やるか』
P5251261.jpg
加州『え…』
三日月『馬当番に精を出す俺を見たら、主は俺に惚れ直すだろうか』
一期『かも、しれませんな』
三日月『そうかそうか♪では、励まねばな。はっはっは』
P5251263.jpg
加州『・・・・・(何だよじーさんの奴…俺の言うことは聞かないのに…)』

***

その後、じーさんは素直に馬小屋へと向かった。

――複雑だった。

じーさんが内番に戻ったのは良いことだけど、それっていち兄のおかげだろ?

じーさんもじーさんだよ。
いつもは俺が何言ったって聞きやしないくせに、いち兄のたった一言でコロッと態度変えてさ。

なんか…

悔しい。




○月×日 くもり

今日は苦手な畑当番。
それでも生存上げて主に褒めてもらおうと思って、俺も頑張ったんだ。
仕事終えて、相棒のいち兄と一緒に、主に報告に行った。
そしたらさ…

***

加州『当番終わったよー。疲れたー。お風呂ー』
P5251266-2.jpg
一期『主殿、畑当番が終わりました。これで備蓄は足りるでしょう』

(一期の生存+1、加州の生存+0)

一期『おや、どうやら能力が上がったようです』
P5251272-2.jpg
一期『いえ、たいしたことでは。…ははは、主殿に褒められると照れますな』
加州『・・・・・』
P5251280.jpg
加州『・・・・・(何でいち兄は生存上がって俺は変わりないんだよ。…俺、汚れ損じゃん)』

***

最悪。
俺汚れる仕事嫌いなのに。
それでも主にもっと可愛くなったとこ見せたくて頑張ったのに。
ただ汚れただけ。

いいよなーいち兄。
主に褒められてさ。
主もなんだか嬉しそ…。

ほんと

最悪。




○月×日 あめ

今日は久しぶりの近侍!
主からのご指名。
すげー嬉しい!

はりきって刀装作るぜー!

***

『でーきた、できたー!』
P5251264.jpg
『ってこれ…』
P5251287.jpg
『スイカじゃん!何でっ!?』
P5251289.jpg
『あーもー…さっきから並ばっかだし…全然特上できないよー』

(そこへ主がやってきた。俺は慌てて、作った刀装を隠した)

『あ、主…っ』
P5251290-2.jpg
『刀装?ちょ、ちょっと待って、まだ作ってないんだ』
P5251297-2.jpg
『え?後ろ?何にもないよ?何にもな』

(ポロッ)

『あ』
P5251308.jpg
『・・・・・』

(転がった並の刀装を見て主は「ちゃんとできてるじゃん、ありがとう」って言ってくれた)

『できてないよ…だって金じゃないし…』
P5251314.jpg
『…いち兄だったら、特上作ったかもね』

(つい愚痴が出た。…そしたら主が心配した様子で「どうかしたの?」って優しく頭撫でてくれるもんだから、俺…弱音、止まんなくなった)

『俺、何やってもだめだ…。いち兄には勝てない』
P5251315.jpg
『じーさんたちの世話なんかさ、俺はいつも手を焼くのに、いち兄は簡単にいなしちゃうし』

(そう言ったら主は「いち兄は弟がたくさんいるから面倒見るの慣れてるんじゃないか?」って。そうかもしれないけど…)

『でも!』
P5251320.jpg
『俺の方がここに長くいるんだよ!?ねんどろいどのじーさんたちとも一番付き合い長いの俺だしっ』

(一番の新入りなのにこの本丸でどんどん存在感を増してくいち兄。最初の余裕なんてもう…俺にはなかった)

『それだけじゃないよ』
P5251323.jpg
『嫌な畑仕事頑張ったって、汚れるだけで能力上がんないし…』

(「それは清光が最大値まで成長したからだよ」って主は言った。…最大値なんてどうでもいい。俺は、もっともっと可愛くなって、もっともっと主に愛して欲しいんだ。…可愛さにも愛にも最大値なんてない。そうだろ?)

『刀装だってほら』
P5251322.jpg
『いくら作ってもこんなのばっか』

(あー…だんだん虚しくなってきた…)

『…こんな俺』
P5251324-2.jpg
『可愛くないよね…』

(愚痴が止まんない俺。でも主はそんな俺に…「可愛いよ」って言ってくれた。でも)

『うそ』
P5251325.jpg
『可愛いわけないじゃん。何やってもうまくいかないし拗ねてるし嫉妬してるし、こんな俺…』

(それでも主は俺に言ってくれたんだ、「並の刀装作る清光も可愛いし、拗ねる清光も、嫉妬してくれる清光もみんな可愛い」って――)

『え…?』
P5251326.jpg
『ほんと、に…?』
P5251369.jpg
『俺、可愛い?どんな俺も可愛いの?主、こんな俺でも可愛いって言ってくれるの?』

(嬉しかったから何度も聞いた。聞くたびに、主は大きく頷いて、何度も俺のこと「可愛い」「可愛い」って言ってくれたんだ。だから俺、たまらなくなって…)

『主…っ////』
P5251361.jpg
(俺は嬉しくて嬉しくて、泣きそうになって…、…主に思いっきり抱きついた)

『ありがと…主』
P5251357-3.jpg
『俺、主が主でよかった…。本気で嬉しい////大好き、主…(ぎゅぅ…』

***

降ってた雨が止んだ。

それから俺と主ふたりっきりで散歩に出かけた。
主は俺のこと「可愛い」って何度も言いながら、俺の写真をたくさん撮ってくれた。

それから主は俺に「明日も近侍よろしく」って言ってくれた。

明日も俺が近侍だって!

じーさんでもいち兄でもなく、

俺だって!!

喜んでたら、主にぎゅって抱きしめられた。

「愛してる清光」って。

…俺、主に愛されてる。

嬉しい。

すごく

幸せ。

俺って、こんなにも扱いにくいのにさ。
主だけだよ、そんな俺をいつも「可愛い」って愛してくれるの。

俺、このままずっと主の傍にいられたらいいな。
P5251336.jpg
ずっと、傍で可愛がってね。


俺も


俺も愛してる 主――。



*一部写真加工はBANNERKOUBOU.com様でお世話になりました。
関連記事
スポンサーサイト

りく

フィギュア/ドール/ガンプラをウェットに愛でる審神者。
レビュー中心ですが、オビツカスタムとかねんどろともよく遊んでま~っすヽ(*゚∀゚*)ノ
@rikufotoblg