【夢/ねんどろ劇】一期x審神者

刀さに
05 /24 2016
※こちらの記事は夢仕様ですのでご注意ください。




ねんどろいち兄をお迎えしたらまたもーそーがぼーそーして書いたお話(いちさに仕様のねんどろ劇)です(*´∀`*)ノ
*被写体はねんどろいち兄only。


<設定>
[主=アナタ]をこよなく愛しすぎている[いち兄](近侍)。
離れていても傍にいても、いち兄はアナタのことしか見えないのです――。


いち兄と夢を見てみたいという方はよろしければ以下お読みくださいませ(*´`*)



~某日、本丸内、一期の自室~

まもなく日付も変わるかという夜更け。

他の皆は寝静まる中、ただひとり起きて、審神者の帰りを待つ一期がいた。

一期『なるほど…』
P5231202.jpg
一期『今の世には私の知らない事が沢山あるな。もっと勉強して主殿のお役に立たなければ』

どうやら一期は、審神者の帰りを待ちながら、現代のことを学ぶため読書に勤しんでいるようだ。
しかしふと、一期はその人へと想いを馳せる。

一期『主殿…』
P5231206.jpg
一期『お帰りはまだだろうか…。早くあなたにお会いしたい…』

その時だった。
門が開く音がしたかと思うと、審神者らしき足音が近づいてくる。

一期『主殿…?』
P5231207.jpg
一期『今参ります…っ』

一期は読んでいた本をぱたんと閉じると、逸る気持ちを押さえつつ審神者の元へと向かった――。


***


一期は夜遅くに帰宅した審神者を出迎えた。
ただひとり、誰よりも早く。

一期『お待ちしておりました、主殿』
P5231208.jpg
一期『ご無事のご帰還、何よりに存じます』

近侍とはいえ、一期も既に床に入っていると思っていた審神者は、彼の出迎えをとても喜んだ。
審神者が「ただいま」と言うと、一期も嬉しそうに「お帰りなさいませ」と返した。

そして一期は感じ入ったように審神者をじっと見つめてくるのだ。

一期『主殿…』
P5231221.jpg
一期『・・・・・』

まるでとろけるような眼差しに、審神者も目をそらすことができない。
しばらく見つめ合った後、ややあって、一期はハッとしたように視線をそらした。

一期『これは失礼いたしました////』
P5231211.jpg
一期『いけませんな…。主殿と離れていた時間を思うと、こうして今お傍にいられる事がとても幸せに思えてしまって…』

頬を赤く染めそう話すと、一期は俯きがちにこう続けた。

一期『主殿がお留守の間、何をしていても、私はあなたのことばかり考えてしまうのです』
P5231213.jpg
一期『こんなにも誰かを焦がれる日が来ようとは…』

そして一期はふと己の体を目をやった。

一期『この"ヒト"の身を得てからというもの、私はあなたと"人"としての触れ合いが出来るようになってしまった』
P5231217.jpg
一期『そして一度覚えたあなたの温もりを、私は二度と離したくないと願ってしまうのです。もっと、もっとと…あなたを求める気持ちは膨らむばかりで…』

一期『ははは。我ながら我儘なことを』
P5231216.jpg
一期『これでは弟たちに示しがつきませんな。…ですが』

一期『ですがそれでも止められないのです』
P5231218.jpg
一期『主殿を想い、慕う、この気持ちはどうしても…』

一期『これが…』
P5231220-2.jpg
一期『この気持ちが、「恋慕」、というものなのでしょうか…』

一期『主殿…』
P5231223.jpg
一期『触れても…よろしいでしょうか?』

不意にそう問いかけてきた一期は、耐えに忍ばんといった様子で、審神者の返事を待つこともなく、その肌に触れてきた。
まるで壊れ物を扱うかの如く、大事に大事に。

しかし、少しの間と思っていたその触れ合いはなかなか終わらなかった。
一期は審神者の傍からなかなか離れようとしない。
それどころか、最初は遠慮がちだった触れ合いはだんだんと過剰になってきているような…?

「明日も早いしもう寝なければ」と審神者が言うと、一期の手はようやく止まる。

一期『そう、ですな…そろそろ、眠らなくては…』

そう言うと、一期は、それはそれは名残惜しそうに、ゆっくりと審神者の身を解放していく。

一期『・・・・・』
P5231244.jpg
最後に離れかけた手を、まるで引き留めるようにぎゅっと握りしめる一期。
だがそれもつかの間、寂しげな表情を浮かべたまま一期はようやく審神者から離れた。

そして、努めて明るく一期は就寝の挨拶をするのだった。

一期『…では主殿、おやすみなさいませ』
P5231245.jpg
一期『どうかよい夢を…』

そう言って静かに自室に戻ろうとする一期。
しかしその足がふと止まる。
思い切ったように再び引き返した彼は、己の主をただ真っ直ぐに見つめ…言うのだ。

一期『…主殿、お願いがございます』
P5231246.jpg
一期『どうか、これからも、あなた様に触れることを私にお許し頂きたく』

一期『そしてどうか、主殿…私があなたをお慕いし続けることをお許しください』
P5231247.jpg
一期『この身朽ちようと、私は、主殿…あなただけの一期一振――』



スポンサーサイト

りく

フィギュア/ドール/ガンプラをウェットに愛でる審神者。
レビュー中心ですが、オビツカスタムとかねんどろともよく遊んでま~っすヽ(*゚∀゚*)ノ
@rikufotoblg