和楽器バンドさんの「暁ノ糸」を聴きながらねんどろ三日月を撮影してみた

今日の1枚(フィギュア写真)
09 /25 2015
先日、和楽器バンドさんの2ndアルバム「八奏絵巻」をご紹介しましたが、
本当にどの曲も素晴らしいの一言です!!

中でも今日は「暁ノ糸」を聴きまくっておりました。

そうしたら、三日月殿(とうらぶ)の姿が脳裏をよぎってよぎって仕方なくて…。

だんだん胸が熱くなって、涙が止まらなくなってしまいました(´;д;`)

メロディも歌詞もとても素晴らしく、胸を打つ曲だと思います。

そこで歌詞を一部引用*しつつ、曲を聴き思い浮かんだままを撮影し文字にしてみました。
(*引用部分は枠で囲ってあります)
(撮影モデルは「ねんどろいど三日月宗近」です)

曲は流れませんが、もしお持ちの方は「暁ノ糸」を聴きながらご覧頂けると幸いです。



我等謳う空の彼方へ
(中略)
君に届く様に


P9245607.jpg
平安の時代から千年という時を経て――
今新たに得し主を、三日月は想う。

堰を切って溢れる思い
(中略)
重ね紡いでゆく


P9245616.jpg
伝わりおろうか、貴女に仕えし刀の想い。
P9245619.jpg
二度と失うまいと。
此度こそ、決して離れはせぬと。
溢るる貴女への想いを胸に秘め、
三日月は再び戦へと臨みゆく――。
「主よ、俺は必ず貴女のもとへと帰ってこよう。何があろうと、必ずや」




…という物語が、曲を聴いていて浮かんできました(*´`*)

三日月殿は“究極のマイペース”だそうですが、
千年以上も生きてきた彼の心には、幾何の想いが募り積もっているのでしょうか(*´ω`*)
…なんてことも考えてしまい、キャラ愛はさらに深まります(*^ω^*)

それにしても「暁ノ糸」は美しい曲です本当に感動しました。゚(゚´ω`゚)゚。


関連記事
スポンサーサイト

りく

フィギュア/ドール/ガンプラをウェットに愛でる審神者。
レビュー中心ですが、オビツカスタムとかねんどろともよく遊んでま~っすヽ(*゚∀゚*)ノ
@rikufotoblg